中古物件

2014年4月29日 不動産

ビルの前に立つ

不動産投資をする際には、収益物件を購入する必要があり、新築物件には特有のメリットがあります。
しかし、中古物件のメリットも多く、中古物件を利用する人も多くいます。

・中古物件
中古物件にはさまざまなメリットがあります。
まず、資金面のメリットです。不動産投資は、不動産を購入するためにまとまった資金を必要とします。
中古物件であれば、ほぼ同じ条件で、7割以下の資金で購入することができます。
また、中古物件は、新築物件よりも物件の絶対数が多いといえます。
新築物件がいずれは中古物件になるので当然と思われるかもしれませんが、中古物件は幅広い条件に対応しています。...

Read More

新築物件

2014年4月29日 不動産

ガッツ

不動産投資をする際には、収益物件を購入する必要がありますが、新築にするか、中古にするか考える必要があります。
新築・中古それぞれにメリットがあります。

・新築物件
新築物件の特徴は、新築という通り、新しいところがポイントです。
誰も住んだことがないというだけでも、一つの付加価値になります。
ただし、新築時のみになります。その他に、新しいということで、老朽化していないという魅力があります。
中古物件の場合は、購入してから、耐用年数がどれくらいになるのかをあらかじめ予測する必要があります。
耐用年数を予測しても、実際に購入すると、リフォームが必要だったり、予想できない問題が起こることがあります。...

Read More

キャピタルゲイン

2014年4月29日 不動産

真っ白い台所

不動産投資をする際には、収益物件を利用した賃貸料(インカムゲイン)だけを狙うわけではありません。
不動産投資では、売却益(キャピタルゲイン)を得ることもできます。

・キャピタルゲイン
キャピタルゲインとは、不動産投資では、不動産の売却益による収益のことをいいます。
不動産も、他の金融商品と同様に、価値が日々変化していきます。
そのため、できるだけ安くで購入し、できるだけ高くで売却することができれば、利益を大きくすることができます。
不動産の価値は、立地条件によって大きく変わります。
これは、他のすべての商品と同様に、需要が増えると価値が上がる仕組みと同じです。...

Read More